猫とワタシ

大体週刊 《骨董書店》

ノスタルジック幻想楽団 『骨董書店』 の、出来事やニュースを綴るウェブログです。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する『いつも見ているよ』

エトウ

 終電を無くし、赤羽から自宅まで歩くことがままある。
 赤羽駅の北にある丘を越えるのが最短のルートだ。
 丘の上は総合病院と閑静な住宅街になっており、街頭も少なく、深夜ともなるとひと気も全くない。
 丘のあるスポットからは眼下の街の灯がそれなりに綺麗に望める。個人的にお気に入りの場所だ。

 ただ、そのそばにいつも気になるものがある……。




怖いって。
スポンサーサイト

テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。