猫とワタシ

大体週刊 《骨董書店》

ノスタルジック幻想楽団 『骨董書店』 の、出来事やニュースを綴るウェブログです。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する『幕張ラビリンス』

エトウ


 終わりました!



 この後、楽器やら衣装やら抱えたまま、メッセの中を出口を求めて30分ほど彷徨ってしまいましたとさ……。
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画
ジャンル:サブカル

この記事のみを表示する『超会議。陰陽のことはり』

エトウ


 今日、幕張メッセではニコニコ超会議というイベントが開催されている。



このサブカルの極みのようなイベントの隣、マリンスタジアムでは『EDC Japan 2017』というクラブ系大規模イベントが開催されているのだ。



 京葉線は、夢の国にいくネズミフォロワーと超会議に行くオタクとEDCに行くパーリーピーポーで、煮込み過ぎたおでんのような混沌とした大混雑を見せていた。
 海浜幕張につく頃にはすっかり萎れた昆布巻きのようになっていた僕は、オタクとパーリーピーポーという陰と陽、水と油の間をオイルサーディンのごとくぬるぬると歩くのだった。
 そして会場直前の陸橋で、超会議方面とEDC方面でその水と油たちは綺麗に分離し、仕分けられて行くのだ。
 僕はそこに、そこはかとない人間の真理を垣間見た気がした…………多分。

テーマ:ニコニコ動画
ジャンル:サブカル

この記事のみを表示する『ミッドナイトこんにちは』

骨董書店

 深夜の書き出し作業。
 『風運ぶ砂船』のMIX中です。

 


 この後、ピアノの松浦先生による弦楽器セクションが追加されるのだ。
 すごい音源になりそう。
 公開が今から楽しみです!

テーマ:邦楽
ジャンル:音楽

この記事のみを表示する『海沿いシーサイド』

エトウ

 明日は、『幕張メッセ』で行われる某イベントでトロンボーンを吹く。
 それにしても広い。



 そして家から遠い……。

テーマ:ニコニコ動画
ジャンル:サブカル

この記事のみを表示する『夢を鞄に……』

エトウ


 新入生達が、真新しい制服に身を包み、慣れない電車通学をスタートしてから一月ほどが経とうとしている。
 乗り換えで立ち寄った飯田橋には、頭の良さそうな中高生で溢れていた。



 なぜ、彼らの通学鞄は――別に持つサブバッグすら――パツンパツンに物が入っているのだろうか。
 教科書……?

 僕が学生の時に、通学鞄がパンパンになった事など…………恐らく一度も無い。

テーマ:部活
ジャンル:学校・教育

この記事のみを表示する『リバーシブル・ダンディ』

エトウ


 寝れないからと始めたMIX作業が一段落し、いい具合に疲れて寝れそうな雰囲気。



疲れ目にはこれが良いのだ。
おやすみ世界。

テーマ:癒し・ヒーリング
ジャンル:心と身体

この記事のみを表示する『もう、お兄ちゃんたら』

エトウ

地下鉄の駅にドラミちゃん。



ドラえもんより可愛いと思うんだ、ぼかぁ。

テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック

この記事のみを表示する『赤い砂城』

エトウ


 馴れないバスに乗って向かった警察署の、遺失物管理係の女性職員は、僕のことを「エトウ様」と呼んでいた。
 こちらのうっかりで落とした物を保管しておいてくれているのに、なんと丁寧なのだ。驚いた。
 申し訳なさそうに数枚の書類を書くよう言われたが、何をやあらん、だ。
 かくして、無事機材をゲットバックすることに成功した。

 署の前で記念撮影。
 


 やましいことなどないので、写真を撮るのも躊躇などない。



 決して警察官が出てきた事にテンパってスマホの操作をミスり、ムービーになったり地面を連写したりなどしていない。

テーマ:こんなことがありました
ジャンル:ブログ

この記事のみを表示する『いつも見ているよ』

エトウ

 終電を無くし、赤羽から自宅まで歩くことがままある。
 赤羽駅の北にある丘を越えるのが最短のルートだ。
 丘の上は総合病院と閑静な住宅街になっており、街頭も少なく、深夜ともなるとひと気も全くない。
 丘のあるスポットからは眼下の街の灯がそれなりに綺麗に望める。個人的にお気に入りの場所だ。

 ただ、そのそばにいつも気になるものがある……。




怖いって。

テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ

この記事のみを表示する『ボンボヤージュ、コンパス船長』

エトウ


 最近、にわかにハマっているゲームがある。
 『コンパス』というゲームアプリだ。
 自称ゲーム好きを公言する僕がスマートフォンアプリのゲームにハマり込んでいるなんて屈辱の事態だが、これが中々どうして面白いのだ。

 ビギナーはFランクから始まり、戦いに勝利すると得られるポイント(負けると減る)を貯め、ランクアップを目指す。
 僕のそのランクが、昨夜ようやくS3まで上がった!
 祝杯だ。



…………情報によると、どうやらランクはSの9まであるらしい。
 アホか。

テーマ:携帯アプリ(ゲーム)
ジャンル:ゲーム

この記事のみを表示する『それがライセンス』

エトウ

先日公開された『美女と野獣』。
テーマソングがとても美しいので、オカリナで録音してYoutubeにでも上げようかと思ったのだが…………消されて無駄に終わりそうなのでやめた(笑)

W社に逆らってはいけない。
そう、力こそパワー……。

いや、他だったらいいかと言うと違うけどさ。

テーマ:Youtube
ジャンル:サブカル

この記事のみを表示する『僕の街の深夜バス』

エトウ


 その日、確かに僕はわりと酔っていたと思う。
 池袋でしこたま(それもホッピーを)飲んだ上、終電を逃して深夜バスに乗っていたのだから当然だ。
 なので、あの深夜バスが、自宅最寄りのバス停の幾つか手前、コンビニエンスストアの近くのバス停に差し掛かった瞬間、

(あ、鮭のおにぎりが食べたい)

 と、突発的に思いつき、かつ反射的に荷物を引っ掴んでバスを降りたのも大自然の摂理の一つと言える。自然は偉大だ。マザーアース。

 かくして、無事にファミリーマートで鮭のおにぎりを手に入れた僕だが、レジで大変なことに気が付いた。
 ――持っていた手提げ鞄が無い。
 さすがの酔っ払いもすぐに気が付いた。
 あのバスの中だ、と。
 しかし、「お〜い、待っとくれ〜!」などと昭和コメディのように追いかけようとしても、すでにバスは尾崎氏が盗んだバイクのように暗い夜の帳の中へ消えてしまっている。誰にも縛られたくないのだ、深夜バスも。
 僕はなんとかこの一瞬の葛藤をファミリーマートのレジ係の紳士に悟られないよう努めることに成功し、朗らかスマイルでビニール袋に入れられたおにぎりを受け取ったのだった。

 さて、あの鞄の中には音響用の機材一式が入っていた。
 骨董書店の『風運ぶ砂船』の音源を編集するために持ち歩いていたものだ。
すなわち、現在、音源の編集は滞りに滞っているのである。
大変つらい。



そして今日は、やたらと天気が良い。
 通りがかりの公園でのどかに開かれているフリーマーケットが、打ちひしがれた僕の心にさらなる追い打ちをくれるのであった。

テーマ:音楽のある生活
ジャンル:音楽

この記事のみを表示する骨董書店、春のコンサート『風の歌、星の旅』

骨董書店

ご来場下さった方々、そして応援していて下さった方々、改めまして本当にありがとうございました。
先週のことですが、もうだいぶ昔のように思えます。
それくらい大変でした(笑)
おかげさまで、沢山のお客様に聴いていただくことが出来ました。

1492309956511.jpg


骨董書店のサウンドも、コンサートを重ねるごとに、まるで生命体のようにその姿を変えていっています。
我々は毎回のコンサートで、その場、その時でしか聴くことの出来ない音楽を演奏していきます。

1492309970800.jpg


次回のコンサートは、8月12日。
同じく北とぴあドームホールで、夏のコンサート 『紺碧の産声』 。

今度は一体どんな音楽が生み出せるか。
是非、皆様も楽しみにしていて下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。